鹿島槍ヶ岳~五竜岳 2012年9月13/14日

爺ヶ岳 標高2,670m  鹿島槍ヶ岳 標高2,889m 五竜岳 標高2,814m 唐松岳 標高2,696m

単純標高差約1,540m
  累計標高差約3,092m 
歩行距離約24km    yahoo地図  mapへ
9/13日 扇沢(5:53)⇒爺ヶ岳登山口6:00)⇒石畳(7:35)⇒種池山荘(8:15~8:22)⇒爺ヶ岳南峰(8:55)⇒
中峰(9:08~8:12)⇒赤岩尾根分岐(9:48)⇒冷池山荘(9:58~10:10)⇒布引山(11:00)⇒
鹿島槍ヶ岳南峰(11:42~11:58)⇒北峰(12:28~12:45)⇒吊り尾根分岐(12:51)キレット小屋(13:48)
(歩行時間5時間45分:全所要時間7時間41分) am5:53~pm13:48
9/14日    キレット小屋(5:15)⇒口ノ沢のコル6:10~6:15)⇒北尾根の頭(6:33~6:38)⇒G5(7:18)⇒
五竜岳(8:05~8:18)⇒五竜山荘(8:50~9:02)⇒大黒岳ケルン(9:42)⇒牛首(10:40)⇒
唐松岳(11:00~:11:18)⇒唐松岳頂上山荘(11:28~11:50)⇒丸山ケルン(12:15)⇒八方池(12:58)⇒
八方池山荘リフト駅
13:23)    ※八方池山荘リフト駅(13:24)リフト&ゴンドラ⇒八方駅(13:53)
(歩行時間7時間23分:全所要時間8時間38分) am5:15~pm13:23  
備考 (扇沢に車回収) 八方駅
13:53)⇒白馬駅(14:28着~電車:14:38発⇒信濃大町駅15:05着)⇒
信濃大町駅(バス:15:10発⇒扇沢ターミナル駅15:43着)⇒扇沢無料市営P(15:48) JR大糸線 扇沢線バス

歩行時間は単行動なので調子や気分によって違いますので参考にはなりません
鹿島槍ヶ岳から八峰キレットと呼ばれる険しい岩場が出現します。鞍部には玄人が集う小屋と云われている「キレット小屋」が狭い鞍部いっぱいに佇んでいます。コースは岩稜の狭いコースでペイントを目印に進んで行きます。先行者で渋滞したり、逆コースの登山者とのすれ違いなどに思わぬ時間がかかったりする場合があります。鹿島槍ヶ岳と五竜岳の稜線は三百メートル以上の深い切れ込みになっています。体力も消耗しますので、時間に余裕を持った行動を心げたい、上級者向けのコースです。
昨年の8月、後立山連峰の白馬三山~唐松岳の縦走を終えて、続きの唐松岳から五竜岳と鹿島槍ヶ岳の縦走(1泊2日)を昨年の10月3日に予定通りに出発しましたが、突然の積雪と突風で、唐松岳登頂のみの計画倒れになってしまいました。今回は扇沢ターミナル駅を起点に、1泊2日で爺ヶ岳から唐松岳の縦走です。帰りは電車とバスを使って扇沢まで車を回収に向かいます。このコースは、以前から楽しみにしていた縦走コースでしたので、満足しながら心地よく且つ、楽しく歩けました。出発地点の扇沢は、黒部ダム見学以来6年ぶりの訪問になり、懐かしく感じました。
デジブックで編集しました。(注!再生するとBGMが流れます)
夜に扇沢駐車場(市営無料)に到着です。駐車場は既に8割埋まっていますので、山小屋泊等の利用者だと思います。寝付に角のハイボール×3缶を頂き、日付が変わた頃無理やり横になりますが、何時もの如くなかなか寝付けません。朝5時10分に起床し、パン&ゼリーの朝食を頂きます。WCは遠く、扇沢バスターミナル駅(24H)のトイレになりますので、早足で往復10分位掛かります。トイレ前には豊富な水場があります。駐車場から1kmほど車道を戻り、緑の橋を渡った左側に柏原新道登山口があります。前日用意した登山計画書をポストインして歩き始めます。山道は程々の勾配ですが、歩きやすい登山道ですのでサクサク標高を上げて行けます。
風が遮られ、早朝にもかかわらず蒸し暑くなって来ましたので、ジャケットを脱ぎ、半袖になります。八ッ見ベンチを過ぎた辺りから、周辺の山々や眼下に扇沢ターミナルが見えて来ます。
 
ケルンを過ぎると緩なかな山道になり、視界が開けて来ます。根っこがニョッキっと張り出した曲線を帯びて見応えのある不思議な大木を、しばらく見つめてから通り過ぎます。
ケルンを過ぎて高度感が増し、眼下に扇沢ターミナル駅が小さくなります。蓮華岳~針ノ木岳~スバリ岳~赤沢岳等の山並みが見えて来ます。
種池山荘手前まで、蓮華岳・針ノ木岳方面を眺めながらの山道です。「石畳」~「水平道」~「包優峠」~「右ベンチ」~「アザミ沢」、さらには「ガラ場」の標識が随所に現れ飽きません。「富士見坂」の急登を過ぎると、種池山荘の正面に到着します。
種池山荘からの眺望は素晴らしく、沢山の人が寛いでいました。菓子パンを噛じってひと息です。種池山荘は針ノ木岳方面との分岐にもなっていて、山荘から一直線に爺ヶ岳まで稜線が伸びています。山道脇でご婦人が頻りに写真を撮っています。「朝陽を浴び、チングルマに付いた露が虹色に輝いて綺麗だよ」と、言ってくれましたので、私ももれなくワンショット!
緩やかで歩きやすい稜線は気持ち良く、往来する人達も思わずニッコリです。北峰から下がったコルの上に冷池山荘が見えて来ました。後方には後立山連峰の盟主とされる、双耳峰の鹿島槍ヶ岳が姿を現します。
振り返ると立山と剱岳が見えて来ます。周辺の皆さんは其々、絶景をカメラに収めていました。程なくして貸切の爺ヶ岳南峰山頂(2,660m)に到着です。
南峰はケルンや三角点も設置されていて、爺ヶ岳山頂の中で最も山頂らしい見晴らしの良いピークです。種池小屋右後方には、立山と劔岳が凛々しく聳え立っています。
最高峰の中央峰へと向かいます。標爺ヶ岳(2,670m)の最高峰の中央峰ですが、三角点と山頂標識だけの狭いピークに感じました。しかしながら眺望は素晴らしく、雲の切れ間から槍穂等が見え隠れしています。
雲の切れ間から常念岳~蝶ヶ岳と穂高岳と槍穂。蓮華岳と針ノ木とズバリ岳の後方には、薬師岳等の山並みが見えますた。ガスの動きが目まぐるしく、シャッターチャンスを逃したような写真になってしまいました。
南峰を振り返ります。針ノ木岳~スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳~岩小屋沢岳と種池山荘。後方には薬師岳、立山三山-剱岳の山並みで、素晴らしい眺めです。貸切山頂でチョコバーを齧り、しばし景色を楽しみます。
次のピークが爺ヶ岳北峰ですが、自然保護の為北峰へは登れませんでした。鹿島槍ヶ岳方面に雲がまとわり付いて来ました。最高峰の中央峰を過ぎると、往来するハイカーの姿が少なくなって来ます。登山口から間もない石畳付近で、休憩をしていた私より一回り以上若い単独男性が、後方を一定の距離を置いて歩いて来ます。
冷池山荘が眼下に見えて来ました。先程から私の周りをイワヒバリが元気に飛び回っていて、目の前に見事に着地します。少しセッカチな鳥でした。
大谷原からの赤岩尾根分岐点の冷乗越に到着です。綺麗でカラフルな加工石がとっても良い感じでした。後方には立山と剱岳が聳え立っています。
冷池山荘前のベンチに座り、カリカリ梅と梅のおにぎりを頂き一休みです。やっぱり夏場の山歩きには梅は必需品ですよね。テン場を過ぎ、次のピークが布引山(2,663m)です。ここから鹿島槍ヶ岳南峰まで1.5kmの表示です。
鹿島槍ヶ岳への登りは歩きやすく、白や緑や黄色や茶色に染まった稜線が、品良く伸びています。女性に人気の山だとやけに納得しながら標高を上げて行きます。
残念ながら山頂に近づくに連れ、ガスの中へと突入です。南峰山頂は10人位のハイカーで賑やかっていました。北アルプスに大変詳しい、達人博士がいました。剱岳方面の眺望は唯一開けていましたので、事細かく皆さんに劔の沢名や状況を説明しています。正しく歩く百科辞典です。愛知県からお越しの「気さくな単独男性」と話をすると、本日の行程は私と同じでした。後ろから来た「若目のハイカー」と話をすると、やはりキレット小屋泊です。この後、「気さくな男性」と本日の消灯まで、一緒の行動になります。因みに3人とも扇沢からの出発で「気さくさん」は明日、天狗山荘に宿泊の白馬三山経由の猿倉行きで、「若目のハイカー」は明日、五竜岳から遠見尾根から下山です。何れも電車とバスを使い、扇沢まで車回収組です。
北峰までは今までの山道と違い、岩場を歩きになりますが、難路という程ではありません。右側の雪田を過ぎ、八峰キレットとの分岐の「吊尾根」から一登りで北峰に到着です。山頂標識は割れて、日本語表示の部分は剥がれて無くなっていましたので修理が必要かと思います。キレット小屋に早く付きそうですので、「気さくな男性」と一緒に北峰山頂でケルンを見たりしてガスが抜けるのを待ちますが・・・。「このままキレット小屋では無く、五竜山荘まで行ってみますか?」の声が聞こえます。今回のメインは鹿島槍から五竜へ続く、朝陽を浴びた稜線歩きですので「イイエ」の返答をしました。※因みに「気さくな男性」は健脚者で、上高地から槍へ登り槍ヶ岳山荘で一泊してから大キレット通過し、北・奥穂を経由して、余裕で重太郎新道を下がって来るスペシャリストですので、頼もしく感じました。
一向に視界が開けませんので吊り尾根分岐まで戻り、キレット小屋へと向かいます。トラバースしながら標高を下げ、岩場を小刻みにアップダウンしながら下がって行くと、ベテランおじさんが八峰キレット核心部手前でオールレーズンを食べながら休憩をしていました。嬉しい事に、お裾分けして頂き元気を頂きます。
北峰よりキレット小屋まではひたすら下り、標高差にして400m以上の急勾配です。いよいよ八峰キレットの核心部に突入です。ネットや雑誌で見た風景が映りますが・・・。気合を入れなくてもスイスイ進行して行けます。八峰キレットは岩場だらけの危険場所と想像していましたが距離も短く、難易度の高い岩場や鎖場は出現しませんでした。
細い渡り木をトラバースして岩場を下がると、呆気なく終了みたいです。早くも眼下に、頑丈そうなキレット小屋が見え、なんとな~く拍子抜けでした。勝手な感想ですが、難易度的に翌日のキレット小屋を登り上げた先直下の岩場と、G5付近の方が個人的に高度感を感じた次第です。
キレット小屋はまさしく切れ落ちたキレットのど真ん中に佇む山小屋ですので、凄いの一言です。平日の9月中旬近くになると、100名定員のキレット小屋は15人も満たない宿泊者でした。夕食のみ(8,150円)で受付を済ませると、要予約と言われました。先ずは小屋前ベンチで缶ビールを豪快に頂き乾杯です。
白馬山荘や五竜山荘と同じ経営ですので食事もGoodです。エビ&イカリングとポテトサラダ、小鉢に煮魚と筍と漬け物です。ビールを飲みながら美味しく頂きます。食後は小屋前ベンチで座談会ですが寒くなり自炊室兼、談話室に移動して消灯時間まで座談会です。山のスペシャリスト達の会話は大変勉強になります。神戸市からお越しのshaved headのおじさんは“ボンゴ フレンディ”に“モンキー(原付)”を積んで家を出たまま1ヶ月間帰らず山歩きをしているそうです。千葉からお越しの単独スーパーレディーは、知らない山が無いくらいの達人の領域でした。世田谷からお越しの和菓子店主は前日の朝露で濡れたテントを頻りに乾かしていました。そして「気さくな男性」は南アルプスの百名山を殆んど日帰りで登る強者でした。
端っこに寝ていたおじさんのイビキで熟睡は出来ませんでしたが、早朝4時半に起床して菓子パンとゼリーを頂き栄養補給です。ヘッテン不要の5時15分にスタートです。既に「気さくな男性」は私より1時間前に天狗山荘目掛けて出発していますので2番手歩きになりました。振り返ってキレット小屋です。後方の急峻な岩場が八峰キレットです。因みに立地上、テン場はありません。
キレット小屋からしばらく緩やかなアップダウンになります。岩場の繰り返しになり、ピークをいくつか越えて行きます。浮石の多いい急登と鎖場は、キレットより険しい感じがします。やがて空が赤く染まって来ました。
五竜岳へ続く稜線が見えて来ます。キレット小屋から五竜岳までCTで5時間の危険地帯の通過です。しっかりした岩場は通過しやすいですが、ザレ場は滑りますので必要以上に注意を払います。
岩峰に登り上げ、真っ赤に染まった日の出を拝みます。直射日光に当たった瞬間から、体が熱くなるのを感じました。しばらくしてからジャケットを脱ぎ、半袖1枚の軽装になります。
時には高度感がたっぷりある岩場の急降下や、岩場の登り返しになります。岩場では痛めている腰が痛くなりますので、直立姿勢を基本に、進行して歩きます。上空は良い感じの空模様になって来ました。
ピークを越えていくと、キレット小屋から五竜岳間の最低部の「口の沢のコル」に到着です。視界の開けた鞍部でゼリーを頂きながら、鹿島槍や剱岳を眺めます。ここから北尾根の頭まではずっと登りになります。
「口の沢のコル」から標高を上げて行くと「北尾根の頭」に到着です。振り返るとキレット付近からガスが上昇して、鹿島槍ヶ岳にまとわり付き始めました。
五竜岳のでっかい山容は迫力があります。進行道中の岩場や景色を堪能しながら満足感に浸り、一人ぼっちの険しい稜線を気持ち良く進んで行きます。
北尾根の頭を通過してしばらくするとザレ場があります。なかなかの難所で、登山道が少し崩れていて、足を乗せるとズルズルと勝手にムーンウォーク状態になってしまいますので、踏ん張って歩きます。※マウスを合わせると赤線でコースが分かります。
先程から五竜岳方面よりランダムに5名様すれ違い、本日の貸切歩きはザレ場付近で解除されました。やがてG5の岩凌を登り上げます。
ようやく五竜岳全容が間近に迫って来ました。北尾根の頭から五竜岳への縦走路でもっとも難易度が高い場所がG5付近です。いくつかの鎖場を越えて行きます。
鎖場は足場が狭いので注意が必要です。この狭い岩場で、疲れてめげている単独女性とすれ違います。「もう~!やんなちゃうよ~」と、頻りに岩に向かって文句を言ってました。そんな単独レディーを横目に、マツムシソウが元気に咲いています。
G4の鎖場を過ぎると、残すは五竜岳への登りだけです。登りは岩場主体ですが、ホールドがしっかりしているので短時間で高度を稼ぐことができます。五竜山荘との分岐を左へ進んで行くと、山頂部はガスが流れ込んで来てしまいました。
午前8時5分、昨年の10月3日登頂予定だった、貸切の五竜岳山頂に到着です。ガスが巻いていますが、時折、北側の展望が開けます。縦走して来た八峰キレット~鹿島槍方面はガスが抜けず、眺める事が出来ません。でっかい山容の割に、五竜岳山頂は狭いピークでした。ガスの切れ間から周辺の景色を楽しみます。
山頂は貸切!と思いきや、目の前に大人しいイワヒバリが寛いでいました。寒くなって来ましたのでジャケットを羽織り、分岐に戻ります。ガスの中、五竜山荘へと標高を下げて行きます。
岩場とガレ場を急降下して行くと、五竜山荘泊のハイカーと8人ぐらいすれ違います。五竜山荘の中に入り、ひと息です。本日の天気予報は、曇り時々晴れですが・・・。
遠見尾根との分岐を唐松岳へと進路をとり、白岳を巻いて進んで行きます。視界不良の緩やかな山道を進行しながら標高を下げて行きます。少し登り上げ、大黒岳のケルンから山頂を左に巻いてザレ場を下がって行きます。
鞍部へ向うザレ場上部でひと休みです。先程から五竜へ向う5組の登山者と元気に挨拶を交わし、すれ違います。ようやくガスの切れ間から唐松岳が正面に見えて来ました。
幾つかの岩場を登って牛首を通過して行きますが、難易度的には簡単な鎖場でした。前方に唐松岳山頂山荘がガスの中から見えて来ます。
先程まで閑散としていた登山道とは全く違い、賑やかな唐松山荘周辺です。視界不良の中、今回で4回目となる山頂へと向かうと、ガスは次第に無くなってきました。唐松山荘脇でお会いした元気な年配夫婦と話をすると、今から不帰キレット経由の天狗山荘行きだと言ってました。
唐松岳から眺める不帰キレット方面です。八峰キレット小屋で一緒だった、愛知県からお越しの「気さくな男性」は、今頃二峰か一峰を通過している頃だと思います。山頂でカップヌードルを頂こうと思いましたが、予想以上にお腹が空きましたので、唐松山荘でカレーライス(@1,200)を美味しく頂きます。※因みに以前お邪魔した双六小屋のカレーライスは800円でした。
山荘前からの唐松岳です。時折、剱岳もガスの切れ間から顔を出し、皆さん満足した様子で景色を楽しんでいます。時間帯的に山小屋泊の登山者主体です。
白馬駅、14時38分の電車に乗車予定です。残り2時間38分ですのでゆっくりしてはいられませんのでチャッチャカ下山開始です。八峰のゴンドラ&リフト経由で唐松岳へ登って来る沢山の登山者と沢山すれ違います。
扇雪渓を過ぎてお花畑周辺は、登山者の憩いの場となっていました。それにしても皆さんカラフルな服装で、お花畑の色彩に負けず劣らずでした。
足を止め、しばらくお花畑鑑賞です。鹿島槍ヶ岳から五竜岳から牛首までの閑散とした道中から、人出の多いい唐松岳へ突入すると、私的に観光登山気分になりました。
八方池とは随分相性が悪いらしく、今回で4回目ですが、白馬三山は池に映った試しがありません。果たして5回目のリベンジはあるのでしょうか?と、何気に思いました。
八方池山荘前より、リフト×2基とゴンドラ(@1,400)を乗り継ぎ、八峰駅まで楽々標高を下げて行きます。驚く事に下界は気温上昇の為、頗る暑いです。八方駅から白馬駅まで約30分の熱中車道歩きになりました。
昨年、白馬三山から不帰キレット経由で唐松岳から下山後に寄った「おひょっくり」という信州白馬郷土料理店の前を通ります。無性に蕎麦を食べたくなりましたが、残念ながら立ち寄る時間はありません。発車時刻の10分前に白馬駅に到着です。14:38分発、特急あずさ26号に乗車して、信濃大町駅へと向かいます。※巷で噂の「あずさ号」だったので、ちょっぴり感動です!
特急ですので白馬駅の次は早くも信濃大町駅です。乗り換え5分で15時10分の扇沢行きバスに乗り、15時48分扇沢市営駐車場に到着しました。大変と時間ロスが少ない、乗り換えでした。※電車の車窓から景色を眺め、随分歩いて来たな~と、感じた次第です。

車に乗った瞬間、大粒の雨が降り出し、夕立になります。運良く濡れずに本日の楽しい山歩きを終了しました。予定していた「大町温泉郷薬師の湯」で2日間の汗を流し、露天でゆっくり疲れを癒します。帰路は三才トンネルを抜け、東部湯の丸ICから本庄ICまで車を走らせます。
 おまけ 


 昨年は思いもしない積雪の為、唐松岳から五竜岳縦走を残念ながら断念しました。
 今回のコースは一年前から予定していたコースで、キレット小屋泊で行動できる為、
 爺ヶ岳も歩け、楽しさ倍増です。
 因みに昨年の予定コースは10月3日でしたので、キレット小屋は既に営業を終えていた為、
 唐松岳~五竜山荘(宿泊)翌日、五竜岳~八峰キレットから鹿島槍ヶ岳で大田原へ下山して、
 電車で簗場駅~白馬駅へ戻り、八方無料Pで車回収予定でした。

 後立山連峰の4峰山頂登頂の他に、八峰キレットを楽しみにしていましたが、
 期待しすぎたせいか、予定外の優しいキレット歩きで終わってしまいました。
 しかしながらキレット小屋から五竜岳へ向かう、
 パンチのある岩場の稜線歩きは“ブラボー”の一言です。
 久し振りに険しい稜線歩きの心地良さを思いっきり感じました。

 鹿島槍ヶ岳から五竜岳区間は私の感想として『ちょっとハードなヒーリングコース』だと感じ、
 何時かは再来したいと思った次第です。

 数日前から腰が痛み出し、体調はベストとは言えませんでしたが、
 天候も味方してくれましたので貴重な休日を思う存分楽しめる事が出来ました。
 頑張ってくれた腰をしばらく労わりたいと思います。
 
 天候 1日目 晴れのちガス 2日目晴れのちガス
 出会った人 爺ヶ岳~鹿島槍=大勢  鹿島槍~五竜岳=少数  唐松岳=賑やかでした。
 全く当てにならない疲労度:★★★☆☆  (山小屋泊でしたので)


●トップページヘ   ●前回へ  ●次回へ  ●登山のページへ